肥満の定義について

ダイエットが成功した女性

肥満とは、医学的に脂肪が過剰に蓄積された状態のことをいいます。
日本においては成人の人口のおよそ3割が肥満とされ、過去30年の推移を見るかぎり、成人の体重は増加傾向にあるとされています。

そのなかで、2011年、日本肥満学会において肥満症の新たな判断基準が定義され、現代に対応する内容に変わりました。
現在、体重による肥満診断の方法としては主にBMIが用いられており、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で、おおよその値が求められます。
日本肥満学会によるとBMI の数値が18.5以上25.0ならば標準体重であり、25.0の数値で、肥満と診断されることとなります。
欧米に比較するとまだ日本人の体重の増加は緩やかですが、BMI35以上の高体重の人は現在日本に0.2パーセントから0.3パーセントいるとされ、今後、そのような人が増え続けると予想されているために、BMI35以上の人を、新たに高度肥満と定義する試みが行われ、診断や治療の対象として位置づけられることとなりました。

体重の過度の増加は病を併発させ、生活習慣病をはじめとした、多くの疾患を引き起こす危険性があるとされています。
先進国においては体重の異常な増加が疾患の主要原因である場合も少なくなく、日本においても生活習慣の欧米化における体重の増加が病を引き起こすとして、現代的な問題として十分に危惧されています。
高血圧や動脈硬化、糖尿病などが、過度の脂肪の蓄えによって考えられる諸症状であり、それらは健康に重篤な被害を与えるものとされているため、体重が異常に増加している人には一刻も早い適切な治療が必要となってきます。
医療機関による医師の診断を受け、体重を減らす努力をすることで、それらの疾患のリスクは抑えられるものとされています。

関連記事