• ホーム
  • 肥満を最短で解消するなら断食をし、復食にはおかゆを

肥満を最短で解消するなら断食をし、復食にはおかゆを

お腹の脂肪を気にする女性

若い頃よりも体重が増えて肥満になってしまい、運動や食事の改善で標準体重を目指している方は非常に多いのではないでしょうか。
ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を生活の一部に取り入れたり、筋力トレーニングをするために定期的にジム通いをしている方も多くなりました。
自分や家族のために、誰もが健康的に痩せたいと考えるのも無理はありません。

しかしこれらの行動は、なかなか肥満解消という結果に結びつかないはずです。
運動や食事内容の見直しはじっくりと長期間ダイエットを行うには最適な方法ですが、すぐにでも目に見えるような最短の結果を求める方には不向きです。
思うように体重が落ちないと途中で挫折してしまい、また元の生活に戻ってしまうという経験は誰にでもあるはずです。

そこで肥満を最短で解消するなら、断食をするのがおすすめです。
断食は一昔前までは健康に悪いというイメージが定着していましたが、今ではちょっとした断食は健康に良いというのが定説です。
そのため週末だけ断食をするという生活を送る方も増えてきましたし、世間では断食道場という施設まで運営するところもどんどん増加しています。

断食の良いところは体重が最短で落ちることはもちろん、内臓をしっかりと休ませられることです。
しかも完全に食事をしないわけではなく、梅干しなどの簡単な食べ物は摂取しても良いため、意外と辛い思いをせずに続けることが可能なのです。

そして最後に重要なことですが、断食が終わってから初めて食事をする時は、おかゆのようななるべく胃に優しいものを摂取しましょう。
おかゆというと風邪をひいた時などに食べるイメージですが、弱った体に最適なのは誰もが知っています。
慣れていない時に断食をすると、最初体は弱ってしまった感じがするかもしれません。
そんな時におかゆをゆっくり食べると元気が湧いてきますし、食べ物本来の味が分かってすごく驚くはずです。

関連記事